iPadPro11インチ(2018)レビュー!持ち出し用軽量PCとして最適!iPadminiとの比較も。

iPadProキーボード付

iPad Pro 11インチ(2018年モデル)を購入しました!

キーボード込みで約760gと持ち運びに最適で、どこでもサッと広げられる手軽さがウリ!

これを買ってからというもの、いろいろと作業がはかどって笑いがとまりません。

純正のSmart Keyboard Folioを含めて詳細にレビューしていきます。

詳細写真

実物の写真で詳細を確認していきましょう。

なお、スペックは公式サイトの比較ツールで見るのが見やすいです。決してまとめるのがめんどくさいからではありません。

iPad Pro

何か比較対象があった方がいいと思うので手持ちのiPad mini(第5世代)と比較しました。

iPadPro11インチ正面

<上面>

iPad mini7.9インチと比較すると画面は大幅に拡大。左右のベゼルは少し太めに、液晶の四隅が丸いデザイン。

iPadPro11インチ下部

<側面・下部>

薄さは全く同じ。第二世代Apple Pencilのためか、iPadProの方は角張ったデザイン。持ちやすさは丸みを帯びたiPad miniの方がいいですね。

iPadPro11インチ上部

<側面・上部>

ヘッドホンジャックが無くなっています。

スピーカーは4つ搭載なので上部にもあります。

Smart Keyboard Folio

SmartKeyboardFolio全体

<全体(内側)>

SmartKeyboardFolio上側

<上部>

左上にカメラ用の穴が空いています。裏は起毛のような素材になっていて触った感じふかふかと柔らかい。iPad Proを傷からしっかりとガードしてくれます。

右側にはキーボードとiPadPro本体を接続するための端子があり、装着するとカチッとはまります。

SmartKeyboardFolioキーボード部

<下部>

上の方に溝が2つあり、ここにiPadProを立てかけて利用。2段階に角度を調整できるので便利。

キーボードはJISキーボード配置にしました。

USキーボードとJISキーボードどちらを選ぶべきか結論を出します

2019年2月24日
SmartKeyboardFolioキーボードアップ

<キーボード部をアップ>

ツルツルとした質感でないのがお分かりいただけるでしょうか。粗めの麻生地を触っているような、そんな感触になっています。

なお、閉じた時に外側になる部分の素材はサラサラとしたマットな質感。iPad Proを落下から救ってくれそうな弾力性もあります。

合体

iPadProとSmat Keyboard Folioをセットしてみました。

iPadProキーボード付

なんかもうパソコンじゃないかと思ってしまうほどしっくりきます。

iPadProとiPadmini

iPad miniを立てかけてみました。

iPad miniだとキーボードを使って作業をするのは少ししんどいですが、iPad Proくらいの表示領域があれば十分作業可能ですね。

使ってみての感想

液晶

iPad Proは「Liquid Retina Display」を搭載しています。

が、見た目は普通のRetina Displayと何も変わりません。そもそもLiquidが付くと何が違うんだっけ?と思って調べると、こちらには「角丸加工されたディスプレイと定義」と書かれてます。もう何がなんやら。

普通のRetinaと思っておけば問題ないと思います。

Face ID

Face IDはとても便利!認証も一瞬。

巷には「Touch IDの方が便利じゃないか論」が蔓延ってますが、タブレットの場合は使い始めるとこっちの方が圧倒的に便利ですね。

なぜかというと必ず正面に顔が来る位置でしか利用しないから。

画面の大きさ

画面の大きさは作業ができるギリギリの大きさにおさまっています。

これ以上小さいと簡易PCとしての役割を果たすには難しい、という絶妙な大きさですね。

「出先で小一時間作業をする」「ちょっと絵を描く」などの本格的作業の補助としての役割は十二分に果たせます

Split Viewを利用しても画面領域が小さくなりすぎません。

もう一つ、この大きさに良いことがあって、2019年秋リリースされるiPad OSの目玉機能「Sidecar」で劇的に便利になるだろうと想定されること!

この機能、MacのサブディスプレイとしてiPadが利用できるようになるもの。MacBookProをメインマシンにしている身としてはワクワクが止まりません。

Smart Keyboard Folio

打鍵感

最近のMacBookに採用されているバタフライキーボードの打鍵感とはまた違った味付け。

中身はシザー構造なのでしょうか。表面の質感と相まって手に吸い付くような感覚でタイピングできます。

ストロークの深さはそれなりにありますので、小型キーボードにありがちなペチペチ感はありません

ちなみにロジクールからもキーボードが出されています。こちらは一般的な薄型キーボードの打鍵感そのまま。純正よりも250g以上重い、打鍵感がチープ、タイピング音が少しうるさい、という理由で私は却下しました。

キーピッチ

SmartKeyboardFolioキーボードアップ

英数字以外のキーピッチが小さくなっています。

11インチ用にキーボードを無理やり詰め込んだためですが、思ったよりも打ちづらさがないのは不思議。

作家並みにタイピングをガッツリとするなら別ですが、外出先で小一時間利用するのであれば十分ですね。

iPad本体との固定具合

磁石でくっついているだけなのに、ガッチリとホールドされます。

立てかけた時の溝との接合も思いの外ガッチリ。

カバンに入れた時にずれたりする心配がない反面、立てかけた時の角度を修正するのは少しやりづらいほどの磁力。スタンド固定側の磁力はもう少しゆるめてもいいんじゃないかな、と思います。

MacBookの代替になるか?

かなりパソコンに近づいてきたiPad。

すでにキーボードもあって今後マウスも使えるようになる、となれば「もうMacBookの代わりになるんじゃ?」という考えも出てくるかと思います。

でもこれだけは断言できます。

iPadはMacBookの代替にはなりません

少なくとも「パソコンを1台も持っていない。iPad Proで全部済ませたい。」というのはやめた方が良いです。

MacBook(Mac OS)に比べて、「ファイル操作が貧弱」「オフィス系ソフトの操作が困難、互換性に難あり」などいろいろ問題があります。

キーボードが付いたからといっても、あくまでiPadは補助的な利用に限定されると考えた方が無難。

ただ、1つだけiPad Proがメイン機でもいい人がいます。

それはApple Pencilをメインに使う人。デザイナーや絵描きさんですね。そういう勉強や職種を持っている方には十分にメイン機としての役割があると思います。

11インチか、12.9インチか

iPad Proには11インチモデルと12.9インチモデルの2種類あります。

どっちがいいか迷っている人もいるのではないでしょうか。

これに対する答えは非常に明快。

11インチを選ぶべき人
  • パソコンの補助的な立ち位置で利用したい人
  • 外出先での利用がメインな人
12.9インチを選ぶべき人
  • Apple Pencilを用いた専用ツールを使いたい人

持ち運びを考えるなら迷う余地なく11インチ一択です。

iPad Pro本体とSmart Keyboard Folioをセットにした重さは、11インチで約763g、12.9インチで約1,033gになります。

数字にすると大して変わらないようにも思えますが、実際に持ち比べてみるとその差は歴然。12.9インチのほうは体感的にはMacBookProと大差無いほどの重量を感じました。

12.9インチを持ち運ぶなら、もはやMacBookProを持ち歩いた方が作業性も良いのでオススメですね。

上述の通り12.9インチを選択すべき人は、「Procreateがメインアプリじゃい!」というApple Pencilを使いたい人ですね。そういう専門的な人は迷わず12.9インチを選んでいるでしょうから、11か12.9かで迷っている人は11インチを選ぶべきだと思います。

まとめ

11インチiPad Proかなりオススメです!

いろいろ文句も書きましたが笑

特にSmart Keyboard Folioとのタッグは完璧ですね。サブ機としては優秀すぎる性能。

今後、iPad OSがリリースされてよりPCライクな使い方の幅も広がってくることを考えると、長く使える一品になること間違いなしですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です