USキーボードとJISキーボードどちらを選ぶべきか結論を出します

Win機を使っていると何も迷わずJISキーボードを選ぶのに、Macをカスタムで買うときはなぜかUSキーボードを買ってみたくなる問題。

かくいう私もMacBookProをオンラインのAppleStoreで買ってUSキーボードを使っています。

両方使ってみたからこそ出せる結論。

真に選ぶべきはどちらか、その答えを出します。

結論から言ってしまいます。

選ぶべきキーボード
  • USキーボードを選ぶべき人:今後一切JISキーボードに触れなくていい環境の人
  • JISキーボードを選ぶべき人:会社等でJISキーボードから完全に逃れられない人

詳しく解説していきますね。

見た目の違い

他のブログや比較記事でも1万回くらい貼られているであろうこの写真。

私もまだJISを持っていましたのでUSとJISを比較した写真を載せておきます。

キーボードJISとUS比較

【上】Anker USキーボード、【下】Apple純正JISキーボード

見た目はUSキーボードが圧倒的にスッキリしています。見てて惚れぼれ。

一方JISキーボードはというとごちゃごちゃして見づらい。綺麗じゃない。例えるならワンピースの初期の絵と2019年現在の絵くらい違う。

キー配置の違い

比較写真のとおり、記号に関するキー配置が全く違います。

USキーボードのほうが、同一種類・類似記号のものは同一キーもしくは隣接キーに理路整然と配置されている印象。

例えば「:(コロン)」と「;(セミコロン)」。

USキーボードだと同一キー上に配置されていますが、JISキーボードだと隣に別々に配置されています。

 

使用頻度が比較的高い割に配置が違うのが「〜」「@」です。

アドレスを打つときや文章中に使うことが多い記号ですが、USキーボードでは左上に鎮座しています。Shiftキーを押さなきゃいけない。

「_(アンダーバー)」の出し方もUSキーボードだとわかりづらいです。アンダーバーはUSキーボードでは、右上の「ー」のキーをShift押しながら入力します。

USキーボードを日本語入力用として使うには

JISキーボードには「かな」「英数」切替用のキーがスペースキー両端に配置されていて非常に便利です。

一方、当然ながらUSキーボードにはそのようなものはありませんので、キーボードカスタマイズソフトでスペースキー両端のcommandボタンに「かな」「英数」切り替えできるようにしてあげないといけません。

有名なソフトにKarabiner Elementsというものがあります。これを使うといいでしょう。

このソフトがないとMacのUSキーボード使用者は全滅。

私は上記の設定の他に、「A」キー隣の「caps lock」キーを「control」キー認識させています。日本語入力時のひらがな(control+J)、カタカナ(control+K)、全角英字(control+l)、半角英字(control+;)の変換が圧倒的に便利になります。

結局どっちがいいの?

ぶっちゃけた話、日本語入力するのであればJISキーボードが圧倒的に使いやすい!

そりゃそうでしょう。日本語入力するために考え出されたキーボードなんですから。

これから独立してもう今後一切Macしか触らない、なおかつUSキーボードしか触らないという方以外はUSキーボードを使わないほうがいいんじゃないかと思います。

というのも、会社等でwindows機を使う場合は必ずと言っていいほどJISキーボードになるから。

このJISキーボードとUSキーボードを両方触らないといけない環境は、双方にとってとてつもない混乱を招きます。実際私がそうで、JISを触るときUSを触るとき、どっちがどっちの記号の位置か戸惑いながら打っています。

そのため、USキーボードにしてからタイプミスの確率が飛躍的に上がってしまいました。

あと、USはリターンキーが小さいため、間違ってShiftを押してしまうこともしばしば・・

正直USにして失敗したなあって感じ。

結論

冒頭に書いた結論を再掲。

選ぶべきキーボード
  • USキーボードを選ぶべき人:今後一切JISキーボードに触れなくていい環境の人
  • JISキーボードを選ぶべき人:会社等でJISキーボードから完全に逃れられない人

USキーボードは見た目すっきりしていて、Macユーザーが好みそうなシンプルな見た目をしていますが、並行してJISを使う必要のある方はやめておいたほうが無難。

どうしてもUSキーボードを使いたいのであれば止めはしません。使えることは使えるから。

私は、次にMacBookを買い替える時があれば絶対にJISに戻します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です