「くうきれい」を使ってエアコン洗浄をしてみた結果、ピカピカに!

くうきれいムース

くうきれい」と「エアコン洗浄スプレー」を使って実際にエアコン洗浄をしてみました。

「くうきれい」はエアコン内部の送風機(中でクルクル回ってるやつ)を掃除、「エアコン洗浄スプレー」はフィン(エアコンを開けて見える金属製の熱交換器部分)を掃除する用具です。

洗浄剤を入れると中からドス黒い液体がポタポタとこぼれ落ちてきて、仕上がりはプロがやったのかと思うほどピカピカになりました!

くうきれいとエアコン洗浄スプレー

実際の商品がこちら。

くうきれい

写真左が「くうきれい」、右が「エアコン洗浄スプレー」。いずれもamazonで売られていてレビューで高評価を受けています。

エアコン洗浄スプレーを使ってフィン掃除

では早速「エアコン洗浄スプレー」を使ってフィンの掃除を行なっていきます。電源コードは必ず抜いてから作業しましょう。

スプレー噴霧前(掃除前)がこちら。

エアコン洗浄前

長年の埃とカビが混ざったようなやつがびっちりとこびりついています。これでも爪楊枝とかを駆使してあらかたの埃汚れは取った状態。前は吸気口を完全に塞いでるんじゃないかという勢いでビッタリと前面に付着していました。

そして、スプレー噴霧後(掃除後)がこちら。

エアコンフィン掃除後

綺麗さっぱりしました!

スプレーは結構高圧なので汚れを吹き飛ばすような感じで洗浄できます。本当に細かなところ(端っことか)は爪楊枝を使ってササッととりました。

吹き付けた洗浄剤はエアコン使用時の結露と同様に、ドレンに流れていきますのでビニール袋とかを準備しなくても大丈夫です。心配な方はエアコン下に新聞紙を敷いておく程度で問題ありません。

くうきれいを使って送風機を掃除

さて、少々めんどくさいのがこちらのほう。

送風機洗浄時は洗浄剤がドレンに流れ込まないので、しっかりと養生シートでカバーしておく必要があります。くうきれいには養生シートが付属しているのでそれを利用すれば問題ありません。

作業手順はくうきれい公式ページによくまとまっていますので参照してください。

まずはムースを吹き付けていきます。

くうきれいムース

泡状の洗浄剤が中の汚れにしっかりと付着してどんどん汚れを落としていきます。茶色いものが滴り落ちてきていますね。汚れた水も少し溜まっています。

くうきれいムース中

 

1時間程度放置した後、続いてリンスを吹き付けて洗い流していきます。

なお、付属している粘着テープでは洗浄剤を受け止めた時の重みで剥がれる恐れがありますので、別途補強しておいたほうが無難です。実際に重みに耐えられずテープ端の方からペリッペリッと剥がれてきました。私はこまめに洗面器に洗浄後の水を移し変えることで対応。

吹き付けた後の汚れがこちら。

くうきれいリンス後

真っ黒!!

こんなにカビが付着していたのかと恐ろしくなります。ここを通った風を受けて生活していたのかと思うとゾッとしますね。

くうきれい洗浄後

リンスを全量吹き付け終わった後のエアコンの写真が上の写真。まだまだ中に汚れが溜まっている模様・・・。

 

リンスが足りないという情報はAmazonレビューから得ていたので、最後にこいつの出番!

100円均一の霧吹き

100均で買った霧吹き!

霧吹きといっても直噴から霧吹まで調整できるタイプです。これを使って、やや直噴よりの高圧状態で中の汚れを洗い流していきます。使うのは普通の水道水で大丈夫。

使った水量はスプレータンク約2回分。(リンス足りなさすぎですよね・・・)

 

せっせと30分くらいかけて念入りに洗浄した結果がこちら!

くうきれい完全洗浄後

ピカピカ!!すばらしい!

写真撮り忘れましたが、以前はここが真っ黒。終わった後の洗浄剤と水も真っ黒でした。

最後に暖機運転

最後に暖機運転(暖房)をつけて、中の水分を乾燥させていきます。エアコンを付けた瞬間は中に残っていた水が飛び散るので注意してください。

出てくる風が以前と違って心地良い!

全くカビくささがなくなりました。

まとめ

「くうきれい」と「エアコン洗浄スプレー」を使ってエアコン掃除してみました。

「エアコン洗浄スプレー」のほうはホームセンター等でもよく売られていて使っている方も多いと思いますが、実際にカビの温床となっているのはその裏側、送風機にもあります。

エアコン洗浄スプレーだけでカビくささが取れない方、風が出てくる部分を覗いてみて黒いなと思う方、試してみる価値があると思います!

みちがえるほどエアコンがピカピカになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です