サンディスク エクストリーム ポータブルSSDのレビューをお届けします!

サンディスクエクストリームポータブルSSD中身

サンディスクの「Sandisk Extreme Portable SSD(1TB)」を購入しましたのでレビューします!

想像以上にコンパクトで持ち運び良し!転送速度も爆速!という一品に仕上がってます。値段は非常に高いですがそれだけの価値はありますね。

amazonのレビューで相当な高評価を受けているのも納得。

Sandisk Extreme Portable SSD 写真レビュー

早速、実物の写真を見ながらレビューしていきます!

サンディスクエクストリームポータブルSSD

本体の箱の写真です。黒を基調としていて高級感があります。

サンディスクエクストリームポータブルSSD中身

箱の中身を出してみたところ。

同梱物は「本体」「USB-C to USB-Cケーブル」「USB-C→A変換プラグ」「保証書(3年)」が入っています。本体は、黒に赤のラインが映えていてデザインもいいですね。

サンディスクエクストリームポータブルSSD大きさ

大きさがわかりづらいと思いますので、リップクリームと比べて見ました。

サンディスクエクストリームポータブルSSD大きさ比較 サンディスクエクストリームポータブルSSD厚み

次は、Transcendの2.5インチ外付けHDDと比べてみました。こっちのほうがわかりやすいかな?

縦横の長さだけでなく、厚みも相当薄いことがわかると思います。

色合いはマットな黒ですね。指紋などの脂でテカる心配はありません。触った感じもスベスベしていて触り心地がいいです。

Sandisk Extreme Portable SSDの特徴

特徴は公式ページを見ていただければ書いておりますが、まとめて言うと下記3点。

  1. USB 3.1(Gen 2)に対応し、読み出し最大550MB/sの高速転送。
  2. コンパクトで軽量(38.9g)
  3. 防塵・防滴・耐衝撃・耐振動性能を備える。

 

まさに現時点で最強の外付けSSDだと思います。

MacBookPro2017とUSB-Cで接続し、ファイル転送(書き込み)を行ってみたところ2.7GBの書き込みが10秒かからず完了してしまいました。爆速です。

写真のRAWファイルや動画などの重めのファイルを扱う方におすすめです!

内蔵SSD並みの使用感覚で・・・とはいかないまでも、それに近い感覚でファイルのやりとりができます。(こちらのサイトを見ると内蔵SSDはやはり桁違いのようです)

まとめ

外付けSSDはSanDisk以外からもいくつか出ておりますが、ここまで「高速性」「携帯性(コンパクトさ)」を追求したものは現時点で他にないと思います。

特にMacBook所有者にはUSB-Cでそのまま直結できるのもうれしいところ!

値段が他社製品と比べて倍近くするのがネックではあるものの、それを補って余りあるほどのメリットを感じます。

ストレージは一度買うとなかなか買い替えないこともあり、どかっと奮発して買うのは全然アリですね。おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です