【スイス旅行記】フィルストで展望台の絶景とアクティビティを楽しむ!

フィルスト

グリンデルワルト周辺の近場で楽しみたいならフィルスト(First)へ行ってみることをオススメ!

グリンデルワルトからゴンドラで手軽に行くことができます。

フィルストには、グリンデルワルトが見下ろせる展望台があるほか、美しいバッハアルプゼー(バッハアルプ湖)へのハイキングコースや、グライダーやマウンテンカートなどのアクティビティなど、楽しめるスポットが満載!

グリンデルワルトに立ち寄った際にはぜひ行ってみてください。

フィルストへの行き方

グリンデルワルト駅前の大通りから東へ徒歩13分程度の場所に、フィルストへのゴンドラ乗り場があります。

フィルストバーン駅

駅名は「フィルストバーン駅(Grindelwald Firstbahn)」。

ここからゴンドラに乗ってフィルストまで約25分のゴンドラ旅になります。スキー場と同じで次々にゴンドラがきますので待ち時間なく乗れるのでとても便利。(冬はスキー場になります。)

フィルストゴンドラ

途中にボルト(Bort)駅、シュレックフェルト(Schreckfeld)駅がありますが、フィルストが目的ならそのまま乗っていれば大丈夫です。

乗車料金は片道15.CHF。スイストラベルパスやスイスハーフフェアカードを持っていれば半額になります。

google mapだとわかりづらいのでこちらの地図を参照するとわかりやすいです。

フィルスト展望台

フィルスト駅(標高2,184m)すぐ横に展望台はあります。

フィルスト展望台

断崖絶壁に建てられた展望台からはグリンデルワルトと名峰アイガーを望む絶景が見られます。ただ、展望台は下がガラス張りなので怖くて少し震えました。

フィルストクリフウォーク

展望台から繋がる所には、2015年にオープンしたばかりの「フィルスト・クリフウォーク」と呼ばれる、崖に沿って作られた全長250mの遊歩道があります。

岩盤に打ち付けられたロープだけで支えられていることと、足元が網目の細かいグレーチング(側溝のふた)で下が結構スケスケなのでこちらもなかなかの恐怖感。

高い所好きな人にはたまらないはず。

バッハアルプゼー(バッハアルプ湖)

フィルスト・クリフウォークを抜けた先からはバッハアルプゼーに向けたハイキングコースが続いています。もちろん、クリフウォークを避けてハイキングコースへ行くことも可能。

複雑な分岐点などは無く、案内板に従っていけば迷わずいけます。ハイキングマップはこちらを参照。

バッハアルプゼーは”アルプスの宝石”とも言われるほどの美しい湖。フィルストとバッハアルプゼー間を往復しても1時間40分程度で行けます。

フィルストハイキング

道中は景色がよく、狐なんかも見かけたりして和みました。ただ、牛がいたるところに放し飼いされててそこそこウ◯コくさいので我慢してください笑

バッハアルプゼー

出典;4travel

片道50分ほど歩くとバッハアルプゼーに到着。こんな美しい景色が見られるようです。

私は時間がなくて途中までしか行けませんでした・・・。

フィルストのアクティビティ

フィルストの主なアクティビティは、フライヤー、グライダー、マウンテンバイク、トロッティバイクの4種類。

利用料金は4種類のうちどれを選んでも同じ、やればやるほどお得な設定になっています。また、こちらのパック料金を払うとゴンドラ乗り放題になります。

アクティビティ数 料金
1アクティビティ 46 CHF〜
2アクティビティ 65 CHF〜
3アクティビティ 83 CHF〜
4アクティビティ 99 CHF〜

※料金に「〜」と付けているのは、時期によって値段が変わるから。夏はかなり高いです。

オンラインで日付を指定してチケットを購入しておくこともできます。(チケットは印刷もしくはモバイルで持参)

アクティビティごとの営業時間は各解説にリンクを貼ってますのでそちらを参照してください。

フィルストフライヤー

フィルストフライヤー

出典;jungfrau

フィルストフライヤー(First Flyer)は、フィルスト駅からひとつ下のシュレックフェルトまで約800メートルを、ロープにつけた滑車で一気に時速84キロで降りてくるアドベンチャー。

乗り場はフィルスト駅になります。

フィルストグライダー

フィルストグライダー

出典;jungfrau

フィルストグライダー(First Glider)は、2017年にオープンしたばかりの新アクティビティ。

ハングライダーのようにシュレックフェルト〜フィルスト間の約800メートルを昇り降り。上りで時速72キロ、下りで時速83キロも出るそう。

最初はシュレックフェルトからフィルストへ上り、今度はフィルストからシュレックフェルトへ下っていく往復コース。そのため乗り場はシュレックフェルトになります。

こちらの乗り物、「フィルスト・イーグル・グライダー」とも言い、その名の通りイヌワシを模した装飾がグライダーに取り付けられいます。

現在、このような乗り物は世界で8例ほどしかなく、なおかつ2000m級の山に建てられているのは相当珍しいそうなのでイチオシの乗り物ですね。

フィルストマウンテンカート

フィルストマウンテンカート

出典;jungfrau

フィルストマウンテンカート(First Mountain Cart)は、シュレックフィルト駅からボルト駅までの約3kmの道のりをマウンテンカートで爽快に下るアクティビティ。

フライヤーやグライダーのように高いところが苦手な方でも楽しめます。また、下りなので帰り道に乗るのもいいですね。

乗り場はシュレックフェルト駅になります。

トロッティバイクスクーター

フィルストトロッティバイク

出典;jungfrau

トロッティバイクスクーター(Trottibike Scooter)は、ペダルのない自転車で山を下るアトラクション。

乗り場はボルト駅、降車場はグリンデルワルト・フィルストバーン駅になります。

 

これら4つのアクティビティは接続が良く考えられており、フィルスト駅を起点として紹介した順(フライヤー→グライダー→マウンテンカート→トロッティバイク)に乗れば再度ゴンドラに乗ることなく山を降りられます。

まとめ

フィルストは山岳地帯の地の利を活かしたアクティビティが満載の場所。

アルプスを望む雄大な自然の中で、まさに「スイスならでは!」の景色を楽しみながらハイキングやアクティビティが楽しめます。

フィルスト駅には大きなレストランも併設されてますので、食事に困ることはありません。午前中はハイキング、午後はアクティビティと一日かけて巡るといい場所ですね。

アレッチ氷河

【スイス旅行記】ユングフラウヨッホの行き方や観光情報をまとめたよ!

2019年6月16日
グリンデルワルトのハウプト通り

【スイス旅行記】グリンデルワルトへの行き方と周辺観光スポット情報!

2019年6月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です