UQモバイルの通信速度が最近遅くなっている!?

UQモバイルが最近遅くなってきています。

2018年末現在の近況をおしらせします。

2017年と2018年の通信速度の違い

UQモバイルは、かつて本体キャリアのauとほぼ同等の通信速度を誇っていました。

格安SIMの最大のデメリットは、やはり混雑時間帯(平日12時、夕方)の通信速度が極端に低下することです。

私は過去IIJmioを使っていましたが、平日の昼休みにテキストベースのニュースサイト閲覧ですら困難なほど通信速度が低下するため、2017年当時昼休みでも爆速だったUQモバイルに乗り換えました。

2017年と2018年の速度の違いを見てみてください。

2017年がこちら

uq2017_37.3Mbps

続いて、2018年がこちら

uq2018_1.04Mbps

2017年12月の平日昼休みには37.3Mbps(三大キャリア並み!)の通信速度を記録していたのに対し、2018年11月の記録では1.04Mbpsにまで低下しています。

2018年末時点でもIIJmioみたいにテキストベースのweb閲覧ですら困難なほどではありませんが、画像の読み込みなどは遅くなったなーと感じることが多くなっています。

ちなみにIIJmioの昼間の通信速度は、2017年11月の平日昼間で0.47Mbpsでした。

休日になると、5Mbps程度にはなりますが、いずれにしても遅いですね。

IIJ2017_0.47Mbps

速度低下の原因は?

速度低下の原因は何でしょうか。

公式の契約者数を見てみると、2017年度第四四半期は2933万件、2018年度第二四半期は3081万件となっているので、急激な契約者数の増加で回線がひっ迫しているというのは考えづらいですね。

2017年〜2018年にかけてはちょうど「キャリア直属の格安SIM業者(Y!mobileとUQmobile)がキャリアから優先的に設備構築されている」、「不当に他の格安SIM業者を潰しにかかっている」との批判があがっていた頃であり、その批判を避けるためにあえて回線を絞っているんじゃないかなーと邪推してみたり。

真相はわかりませんが、早く元の高速回線に戻ってくれないかな、と思う次第です。

このまま他の格安SIM業者レベルにまで通信速度が低下するようならキャリアに戻すことも考えないといけないですね。
べらぼうに通信費が違うのでなるべくキャリアに戻したくはないですが。

ちなみに、音声無しSIMもUQモバイルで契約しています。
ほぼ休日用で、カフェでwifi繋いでドヤるために使っているのですが、休日は相変わらず非常に快適ですね。

uq2019_holiday_49.1Mbps

この回線が3GBの小容量とはいえ、1000円で契約できるのは安いものです。

まとめ

UQmobileの回線速度を過去1年さかのぼって見てみました。

平日昼間にかなり速度低下がみられるようになってきたものの、まだまだ他の格安SIMに比べれば快適といったところでしょうか。

相変わらずその他の時間帯はキャリアに負けないくらい爆速ですので、オススメできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です